EPAサプリメントの副作用

EPAサプリメントを用いることで、身体的なトラブルが起きることはあるでしょうか。マグロ、鰹、サバ、サンマなどの魚に含まれているEPAは、健康に役立つ様々な効果があると言われています。これらの魚をたくさん食べても、副作用が出ることはまずありません。魚料理を食べる機会の減っている現代では、EPAサプリメントを積極的に利用すると良いでしょう。サプリメントを利用することで、魚から摂取する栄養成分を効率的に得ることがてぎます。魚も食べて、かつEPAのサプリメントを使っていると、摂取量が多すぎる場合があります。3gを上限にEPAを摂取するようにしてください。EPAは血液を固まりにくくする効果があるので、出血したときになかなか血が止まらなくなることもあります。一日の必要摂取量は、EPAの場合は1gから2gですので、オーバーしすぎないようにします。食事によく魚を用いているという人は、EPAサプリメントの飲む量は、それほど多くなくてもいいかもしれません。調理法によって、EPAが減ることがあります。煮魚、焼き魚、揚げ物などにした時です。サプリメントの摂取量を調節して、バランスをとってください。血行を良くするサプリメントと一緒に摂取する場合には、副作用を避けるために摂取量を少なくするのがおすすめです。EPAは空気に触れていると酸化しやすいので、ビタミンBや、ビタミンCと併用するのもおすすめです。サプリメントでEPAを摂取しながら、ワーファリンという薬を飲んでいると、薬の効き目が強すぎることがあります。他にも薬を飲んでいるという人はEPAサプリメントとの飲み合わせについて、事前に主治医に確認しましょう。